riging MAGAZINE

TOP

sponsor 株式会社ニコン

News

Breaking News Result of JPBA#1 NIIJIMA PRO 2019

News速報です!

令和元年最初のJPBAプロツアー

Niijima Pro が無事終了しました。

 

Photos & Story by*Masahiko Yoshioka/Nikon

ALL RIGHTS RESERVED 2019

 

2019年度、令和元年の最初の試合、

JPBA プロボディボードツアー、

第1戦目、Niijima Pro が無事に

終了いたしました。

当初の予定では、2019年5月11日土曜

のみの1日開催でしたが、残念ながら

波が小さく、羽伏浦海岸はブレイク

しないので、急遽昨年同様に淡井浦海岸

に会場を移して、予備日を使って、

昨日5月12日(日)まで行われました。

淡井浦海岸は電波状況が悪い影響で、

Live 動画配信を行うことが出来ずに

Live スコアのみになりましたが、

その肝心なスコアも見れない時が多く

現地で観戦出来ない我々にとっては

凄く残念でした。

波のコンデションがショアブレイク気味

だったせいか、いくつかのハプニングも

ありました。

ウィメンズクラスでは、大原沙莉選手や、

野村祐子選手がQF H-1の準々決勝で、

まさかの敗退を喫してしまいました。

メンズクラスは QF H-2で蛭間拓斗選手が

試合中に怪我をし病院に搬送されました。

幸い命に別状は無くて良かったです。

常に危険と隣り合わせのスポーツの

ボディボーディングやサーフィングは、

プロの試合に於いて極々稀なケースの

アクシデントでした。

早期の回復を願っています!!

 

明るいニュースもありました。

それは、ウィメンズクラスのお話。

若干17歳のアマチュア、数々の素晴らしい

戦歴を残している伊勢の山下海果選手が

JPBAツアー初優勝を見事に果たして、

今回プロ宣言しプロに転向致しました!!!

 

ウィメンズクラスQF準々決勝のヒート表

 

 

メンズクラスQF準々決勝のヒート表

 

5月11日(土)のDay 1は、メンズクラス

QF H-2まで行われ、以降のヒートは

予備日の5月12日(日)に行われました。

 

DKドロップニークラス準決勝のヒート表

昨年度グランドチャンピオンの

山田亮一選手がまさかの敗退。

次戦以降の爆発に期待します!

 

 

ウィメンズクラス準決勝のヒート表

若干17歳の次世代プロがこの準決勝に

2名も残った。

岡田吹羽子選手はこのSFの準決勝で

惜しくも敗退してしまったが、

将来が期待される選手の1人でもある。

次戦以降の活躍に期待したい。

伊勢から参戦の山下海果選手はなんと

今大会R-1からブッチギリの全て

1位通過で決勝まで行き、見事優勝。

 

 

メンズクラス準決勝ヒート表

高橋平選手、相原法央選手や、

2クラス同時エントリーの

山田亮一選手もこの準決勝で

惜しくも敗退してしまった。

 

 

 

DKドロップニークラス決勝ヒート表

DKクラスは、山田幸久選手が見事優勝。

準優勝は昨年度Niijima Pro勝者の

藤岡慶選手。

 

DKクラス入賞者

写真左から

優勝 山田幸久

準優勝 藤岡慶

3位 永長義幸 

4位 平井賢一郎

 

 

ウィメンズクラス決勝ヒート表

ヒート中盤まで西村優花選手が

リードしていたが、後半になり

アマチュアの山下海果選手が

JPBAプロツアー初優勝を果たし、

今回プロ宣言してプロデビューした。

山下海果選手おめでとう!!!

 

ウィメンズクラス入賞者

写真左から

優勝 山下海果

準優勝 相田桃

3位 西村優花

4位 岡澤紫織

 

 

 

メンズクラス決勝ヒート表

昨年度の年間チャンピオン粂総一郎が

惜しくも準優勝。

一昨年の年間チャンピオンの、

近藤義忠選手が見事優勝した。

新島プロ4連覇を果たし最高の

スタートとなった。

 

 

メンズクラス入賞者

写真左から

優勝 近藤義忠

準優勝 粂総一郎

3位 瀬川俊輔

4位 柴田泰之

 

 

 

各クラスの優勝した選手からrising magに

写真付きメッセージが届きました!!

ありがとうございます!!!

 

DKクラス優勝 山田幸久選手

『難しいコンディションでしたが

新島のパワーのある波のおかげで板を

走らせることが出来、技が入れられて

勝つ事が出来ました』

—山田幸久

 

 

 

ウィメンズクラス優勝 山下海果選手

『プロの試合で初めて優勝することが出来て

本当に嬉しいです!いい波に乗れて自分の

ライディングを出すことが出来ました。

これからはプロとして自覚をもって

頑張りたいと思います』

—山下海果

 

 

 

 

メンズクラス優勝 近藤義忠選手

『新島戦四連覇することが

できました!大好きな新島の波で、

終始自分らしいライディングを

する事が出来たので嬉しいです!

島の皆様いつも温かく

迎えてくださり、

本当にありがとうございます!

また来年も新島に来れることを

楽しみにしています!』

—近藤義忠

 

 

選手の皆様、スタッフやジャッジの

皆様、お疲れ様でした!!

 

さて、次戦はいよいよ千葉です。

6月1日〜2日まで行われる、

第2戦目SURF TOWN FESTA

ISUMI PRO です。

 

 

次戦以降は、rising magazineでも

撮影と取材を致します。

お楽しみに!!!