riging MAGAZINE

TOP

sponsor 株式会社ニコン

myp x rising

A new journey to seek waves #13 Spring session3

Kazuma Tomita @Chigasaki

春のセッション第3回目は茅ヶ崎が

誇る日本人トップDKライダーの

富田和麻が久し振りに登場。

 

 

Photos & Story by*Masahiko Yoshioka/Nikon

ALL RIGHTS RESERVED 2018

https://risingmagazine.com

https://www.facebook.com/risingmag

https://www.instagram.com/risingmagazine/

 

先週の浜松春2番セッション編から

1週間が経ったが、湘南では今年2回目

となる撮影を行った。しかも久し振りの

茅ヶ崎。そこは烏帽子岩が近くに見えて、

湘南でも古くから歴史のあるサーフタウン

茅ヶ崎。

2019/03/28

木曜日朝8時頃に富田和麻から、

超久し振りの連絡があり、rising mag 号の

バイク、ホンダジャイロキャノピーに

機材を積んで茅ヶ崎へと向かった。

他のポイントも見たが、まとまっていない。

富田和麻のホームポイントが一番良くて

波はオフショアでセットで肩〜頭ちょい、

天気は曇り時々晴れと言う、久し振りの

コンデションで撮影する事が出来た。

ちょうどプロサーファー達も、何人か

集まっていて、カラーズマガジンの

Yoge 君が動画撮影を行っていた。

タイミング良く、刀根真由美からも

Lineのメッセージがあり、

『吉岡さん、お久し振りです!

オフショアに変わりましたね!

鵠沼微妙でどこかで撮影やってるかなと

思って連絡してみました!』

と凄いナイスなタイミングだった〜。

Lineしてまもなく刀根真由美プロ登場!

流石に動きが早いっつ!

 

 

Kazuma Tomita

 DKスタイルマスターの富田和麻。

高速チューブをチャージし、

凄い勢いで加速したが、残念ながら

この波を抜ける事は出来なかった。

この日はこのショットが一番良かった。

しかしこの波、リップが結構ぶ厚い。

 

 

 

 

Kaito Ohashi

大橋海人は茅ヶ崎生まれで茅ヶ崎育ちで

生粋の茅ヶ崎人。茅ヶ崎の伝統を

受け継ぐ、スタイリッシュな

サーファーだ。かなり良い波だった、

昨シーズンの冬の日本海セッションに

登場して以来のショットとなった。

昨年の日本海セッションは上記の

青い所をクリックして下さい。

超必見の記事です。

 

 

 

 

Akito Matsuno

松野 陽斗 (まつのあきと)は

rising mag 初登場!

彼も良い波を掴みスプレーを

高く飛ばしていた。

 

 

 

 

Kazuma Tomita

富田和麻は全てチューブを狙い、

DKで上手く巧みに板をコントロール

してクルージングしていた。

 

 

 

 

Mayumi Tone

刀根真由美は昨年秋の台風セッションで

2回の特集に連続で登場し、いつも納得が

行くまでサーフする彼女は、必ず良い

ショットを毎回残している。

 

 

 

 

Kazuma Tomita , Mayumi Tone, 

セットの合間に何やら会話している

富田和麻と刀根真由美。きっと、

この時の波の話をしているんだと思う。

 

 

 

 

Kaito Ohashi

大橋海人のトリッキーなバックサイド。

テールをスライドさせてスプレーを

大きく飛ばしているのがわかる。

 

 

 

 

Kazuma Tomita

このパワフルな高速ダンパーに

当てに行こうとした富田和麻。

その結果。。

 

 Kazuma Tomita

その結果、フィンを流してしまった〜。

和麻〜、、フィンテザーズ付けようや〜。

このKpaloaフィンがビーチに落ちていたら

そのままにしておいて下さい!笑。

 

 

 

 

Mayumi Tone

刀根真由美は女子プロの中でも

パワフルでダイナミックなエルロロ

は、彼女の十八番でもある。

実にフォトジェニック!!!

ランディング時に髪の毛が飛んでいて

結構スピードが出ているのが分かる。

 

 

 

 

Kaito Ohashi

大橋海人が魅せたハイエアー。

いつも思うのは、スタイリッシュで

パワフルな波乗り。彼の独特なセンス

が、我々を魅了している。

 

 

 

 

Mayumi Tone

刀根真由美はスピンも綺麗だ。

高速スピンでスプレーを

飛ばしていた。

 

 

 

 

Shun Murakami

いまや日本のトップライダーに

成長した村上舜。センスのあるスタイル

で、大橋海人と共に日本を代表する選手。

この日は大橋海人達とセッションをし、

良い波に乗っていた。

 

 

 

 

Mayumi Tone

刀根真由美のこの日のベストライド!

分厚いリップに果敢に攻めて、

バレルロール気味にロロを見事メイク

して、最後はニコニコのピース♪

 

 

 

 

Tomotake Gujo Iwakura

グジョこと岩倉具威のホームでもある

ココでは、シングルフィンで登場。

スタイリッシュにチューブを狙っていた。

波は高速チューブだったので残念ながら

抜けられなかったが、シングルフィンの

板で巧みにコントロールしていた。

 

 

 

 

Mayumi Tone

セットが入り波を超える

刀根真由美。

 

 

 

 

Tomotake Gujo Iwakura

インサイド気味のチューブにセット

してチューブに入るグジョ。

なんかこの写真、雪みたいだ。

 

 

 

 

Mayumi Tone

最後にダイナミックなエルロロを魅せ、

見事にメイクした刀根真由美。

これはお手本になります!

 

 

 

 

Mayumi Tone

ニコニコで上がって来た刀根真由美。

 

 

Mayumi Tone

キッチリと今回も良い仕事をした

刀根真由美。プロとして大事なのは

良い写真を残す事なのだ。

フォトグラファーと常にコンタクトを

取り結果を残すのがトッププロ。

刀根真由美プロ、今日は

ありがとう!!and

お疲れ様でした!!!

 

 

と言う事で、今回は久し振りの

茅ヶ崎セッションとなった。

 

この春はまだまだこれからで、

桜の咲く季節。今後もっと

良い波が立つ予感がする。

 

See You Next Swell !!!

 

 

A new journey to seek waves #12 Spring session2

Ryo Miura & Yuka Nishimura 

春が遂にやって来た〜!!

 

Photos & Story by*Masahiko Yoshioka/Nikon

ALL RIGHTS RESERVED 2018

https://risingmagazine.com

https://www.facebook.com/risingmag

https://www.instagram.com/risingmagazine/

 

 

湘南〜伊良湖〜碧南市〜伊良湖〜浜松

そして湘南への1泊2日春の弾丸ツアー。

昨年の4月にも訪れた青山接骨院に行く

為に、西村優花は千葉から出発して、

3月21日深夜3時半に湘南でフォトグ

の僕と合流して、伊良湖に向かった。

あいにく天気は雨模様で、祭日なので

海も結構混んでいて、風も悪くて

ジャンクコンディションの為に、早々に

切り上げて碧南市に向かった。

青山治療院の青山明裕先生と久し振りに

再会し、西村優花と僕の治療を行なって

頂いた。昨年同様に青山先生のご厚意に

より夜は泊めて貰った。

 

 

青山治療院のHPはこちらからどうぞ。

 

 

3月22日(金)

朝5時に伊良湖に向けて

再び出発した。波は肩〜位で、強烈な

オフショアの影響でどこも良くない。

この際、浜松まで一か八かの移動を

決断して浜松で鰻屋さんを営んでいる

フォトグの山本良和さんに連絡して

浜松のビーチに到着した。

波は肩〜頭くらいで強いオフショア。

たま〜にチューブになる波もある。

フォトグの山本さんは鰻の買い付けと

お店があるので早々に切り上げて帰宅。

そこに、プロサーファーの三浦涼君が

1ラウンド目から上がって来て、

アマチュアのアップカマーの森大斗君も

上がって来たのだが、撮影しようや〜!の

一言で、もう一度やってもらう事となった。

森 大斗(ヒロト)君は若干中2の少年だ。

お父さんは豊浜の目の前でサーフショップ、

クレールサーフルームを営んでおり、

大斗(ヒロト)君の妹さんもサーファーの

サーフファミリーなのだ。

 

スポンサーの青山接骨院の

ステッカーを新しい板に貼って

ニコニコの西村優花。

 

 

たまに来る波はこんな感じ。

水の色も綺麗だった。

 

 

Yuka Nishimura & Ryo Miura

プロサーファーの三浦涼と一緒に歩く

プロボディボーダーの西村優花。

2人の影が面白い!

 

 

 

Hiroto Mori

朝一から長い時間のラウンドこなして、

再び入るのは、森  大斗(ヒロト)君。

食パンを食べてもう一度パドルアウト。

 

 

 

 

 

Yuka Nishimura

曇ったり晴れたりの金曜日。

チューブの気持ち良い波で

クルージングする西村優花。

 

 

 

Hiroto Mori

バックハンドグラブレールで

ねじ込んでチューブを攻める

森  大斗。

 

 

 

Ryo Miura

コンパクトな波のチューブでも

気持ち良くメイクする三浦涼。

 

 

 

Yuka Nishimura

果敢に攻めてダイナミックなエルロロを

魅せた西村優花。真冬も休まずに

トレーニングと波乗り練習をした。

今シーズンJPBAツアーでの活躍が

益々期待される。

 

 

Yuka Nishimura

パワーのある波でもしっかりと

乗ればこんなにスプレーも飛ぶ。

 

 

 

 

Ryo Miura

プルアウトする時に、飛んでみた。

って感じの三浦 涼。

 

 

 

Ryo Miura

今朝一番のロングチューブを見事に

メイクして超嬉しそうな三浦 涼。

 

 

 

 

 

Yuka Nishimura

西村優花も三浦 涼プロのロングチューブ

スタイルに刺激されて、ボディボード

ならではの綺麗なスピンを魅せた。

 

 

 

Yuka Nishimura & Ryo Miura

涼君、日焼けで顔が黒くて

見えません笑。

 

 

 

Ryo Miura

風の向きが変わって来て、

サイド気味になりこの最後の

波でもビシッと決めて終了。

三浦 涼プロお疲れ様でした〜。

ありがとう!

 

 

 

 

 

Yuka Nishimura

超ニコニコで上がって来た

西村優花。プロとしてキッチリと

撮影のお仕事も出来ました!

いつもありがとう〜♪

 

 

 

Ryo Miura & Yuka Nishimura

イケメンプロサーファーの三浦 涼と

良い波に乗れてかなり嬉しい西村優花。

ちなみにこの写真。優花ちゃんはあまりに

嬉しくてクルクル回っているんです。笑。

 

超久し振りの、浜松セッションは

これにて終了した。

 

そして、浜松と言えば、、

うなぎ!!!

浜松に行くと必ず行く、

超美味い鰻の老舗。

rising mag 的超オススメの

浜松一美味い鰻屋さん、

曳馬野に行った!!

店主の山本良和氏は、

浜松や伊良湖等で活躍している

サーフィングやネイチャー等の

フォトグラファーでもある。

 

 

昭和40年創業の鰻料理専門店曳馬野。

昭和の古き良き時代の超美味いお店だ。

 

 

 

これがひつまぶし。

あっさりで超美味い♪

 

 

 

 

 

Yuka Nishimura & Ryo Miura ,

Yoshikazu Yamamoto 

ひつまぶし。一度食べたら

決して忘れられない味だ。

アッサリとしていて本当に超美味い。

 

 

 

真剣にひつまぶしを楽しんで

食べる西村優花と三浦涼。

 

 

浜名湖産「 天然うなぎ 」を取扱う

このお店は、昭和の雰囲気漂う

昔ながらの鰻料理専門店。

調理法は関東風で、身と皮が

ふんわり柔らかくなるまで

蒸しあげた後、自慢のアッサリとした

甘辛のタレにつけて焼き上げている。 

伊良湖や、浜松にサーフトリップ

の帰り道に是非寄って下さい!

http://www.unagiya.info

 

 

 

みんなで記念撮影。

山本さんの変顔に注目!笑。

 

 

This photo taken by iPhone X

Photo Left to Right

Ryo Miura , Yoshikazu Yamamoto,

Masahiko Yoshioka , Yuka Nishimura

写真左から、三浦 涼、山本良和、

吉岡昌彦、西村優花。

超変顔2連発の山本氏。

 

 

と言う事で、今回の、

春一番弾丸ツアーも無事に

終わりました!

 

みなさん、

ありがとうございました〜。

 

See you next swell !!

 

A new journey to seek waves #11 Spring session 2019

Spring has come…

春の訪れを知らせるうねりが届いた。

 

Photos & Story by*Masahiko Yoshioka/Nikon

ALL RIGHTS RESERVED 2018

https://risingmagazine.com

https://www.facebook.com/risingmag

https://www.instagram.com/risingmagazine/

 

水曜日に届いたうねりはようやく

春が来たって感じの波だった。

写真になる日のコンディションは

今年になって殆ど皆無だった。

この湘南エリアではやっと撮影出来る

コンディションになったが、それでも

まぁまぁの波で、昨年は良かったのに

今シーズンは楽しめるそこそこの波は

あるけれど撮影出来るレベルではない。

やはり暖冬の影響がモロに出ている。

 

 

Kana Fujita

JPBA  Jr チャンピオンの藤田佳奈は

昨シーズンウィメンズクラスに出場

している。さらなるステップアップ

を目指し猛練習中。

 

 

 

Yoshitada Kondo

ヒットアンドリバースを決めた

近藤義忠。

 

 

 

Mt,Fuji

この日の早朝は寒かったが

日が出るとかなり暖かくなって

春の訪れを体感出来た。

 

 

 

Kana Fujita

セットを厳選しないと良い波が

掴めないこの日のコンディション。

藤田佳奈も慎重に波を選んでいた。

 

 

 

Yoshitada Kondo

レフトもライトの波でも近藤義忠は

バックフリップを決めていた。

 

 

 

Yoshitada Kondo

 

 

 

 

Yoshitada Kondo

大きなスプレーを飛ばして、

カービングを決めた近藤義忠

 

 

 

Yoshitada Kondo

この日はどちらかと言うとレフトの

波の方が良かった。

 

 

 

 

Kai Hamase

大きな大量のスプレーを飛ばして

クルージングする浜瀬海。

ショートボードもロングボードも

プロとして活躍し、昨年度はなんと

ロングボードツアー初参戦で大活躍し、

見事年間チャンピオンに輝いた。

 

 

 

 

Yoshitada Kondo

この日のレフトでチューブの波は

この一本だけだったが、フルスピード

で加速して長いチューブをメイクした。

流石!チューブマスターの近藤義忠。

 

 

 

Akeo Waseda

早稲田暁生もこの日良い波を捉えて

スプレーを飛ばしていた。

 

 

 

海の水の色はエメラルドグリーンで

本当に綺麗だった。

 

 

 

 

Yoshitada Kondo

長く入っていた1ラウンドを終え

笑顔で戻って来た近藤義忠

 

 

 

 

Kai Hamase

ハイスピードで駆け抜けて

この速い波のチューブを見事に

メイクした浜瀬海。

 

 

 

 

 

Kairi Takamatsu

高松海璃もこの日ラインアップして

楽しんでいた。

 

 

 

 

 

たまに入るセットでサーファーも

良い波に乗れて最高の朝のセッション

になった。しかしこの後天気予報通り

サイドオンショアが吹いて来て、面が

荒れて、波も終わった。

一瞬の楽しい時間だった。

 

 

 

Yoshitada Kondo

リバーススピンを決めた

近藤義忠。

 

 

 

Left to right —Shinichi Ikeya

Hiromichi Soeda, Kai Hmamase

池谷真一、添田博道、浜瀬海。

 

 

 

 

Chigusa Nishiyama

西山千草は小池葵らとしのぎを削った

BBゴールデン世代でトッププロの1人だ。

この日も子供達を保育園に預けて

ギリギリの時間まで楽しんでいた。

4人の子供達を育てているママさんだが

まだまだ現役時代と変わらないスタイル

には尊敬に値する。

日本人初のワールチャンプになった

鈴木彩加や、西村優花、永井那旺など

多くのトッププロ達を育てたのも凄い。

 

 

 

 Chigusa Nishiyama & Yoshitada Kondo

風がサイドオンになって終了♪

西山千草と近藤義忠は、

ニコニコで上がって来た。

 

 

と言う事で、サイドオンショアの

風が吹いて午前中で終了したが、

春の訪れを予感させる日となった。

いつもありがとうございます。

みなさんお疲れ様でした!

 

See you next swell !!!