riging MAGAZINE

TOP

sponsor 株式会社ニコン

myp x rising

連載第2回目 日本海への旅。

Takahide Mayaguchi @North shore Japan

間屋口峻英はじっくりと波を待ち、

超リラックススタイルでボトムターンから

ロングチューブを決めてくれた。

Photos and Story by*Masahiko Yoshioka/Nikon

ALL RIGHTS RESERVED 2017

https://risingmagazine.com

https://www.facebook.com/risingmag

https://www.instagram.com/risingmagazine/

 

連載第1回目の、プロボディボーダー達との

セッションに引き続き、今回の連載第2回目は

超豪華メンツで、お送りします!!!

なんと、間屋口峻英、大橋海人、仲村拓久未、

小林直海、浜村海斗 達のプロサーファーの

スーパーセッションを御覧ください。

 

連載第1回目 日本海への旅はコチラからどうぞ!

 

 

朝イチはモーニングシックで波が、

まとまっていなかったが、波も天気も

どんどん良くなって来た!!!

 

Kaito Ohashi

湘南から波を求めてやって来たのは

大橋海人。彼らとは偶然に凄いバッチリな

タイミングで、久し振りに会った。

 

Kaito Ohashi

バックハンドで猛チャージしていた

大橋海人。

 

Kaito Ohashi 

朝一番から良い波に乗っていたが、

分厚いリップにやられて板を折ってしまった。

この日は大橋海人と、浜村海斗の2人の

ダブルカイト達が、板を真っ二つに。。

凄く残念な事だが、、

プロ達にとって一番大事な板が折れると

言うのは、パワフルなヤバイ波に

猛チャージしていた証でもある。

 

 

Naomi Kobayashi

湘南は鎌倉、鵠沼周辺をホームブレイクとする

プロサーファー小林直海。スタイリッシュで

パワフルなスタイルを持つ。彼も良い波に乗り、

沢山のチューブをメイクしていた。

 

Takumi Nakamura

仲村拓久未も大橋海人らと共に

やって来た。最初の頃は波との

タイミングが合わずに手こずっていたが、

流石、日本を代表するトッププロの一人でも

ある彼は最後にはキッチリと帳尻を合わせていた。

 

 

Kaito Ohashi  スペアの板で直ぐに海に入り、

バックハンドで魅せてくれた大橋海人。

 

Kaito Ohashi

上の写真と違う波だが、バックハンドで

大きなスプレーを飛ばしていた大橋海人。

 

 

Kaito Hamamura

浜村海斗はおそらくこの波で

板が折れたと思う。。

昨日買ったばかりの板なのに、、、

 

 

Takahide Mayaguchi

間屋口峻英は波の癖を一早く察知して、

この長いチューブをメイクしていた。

このシークエンスは全部あるが、

彼はもっとええ波に乗って、凄い写真を

残したので、これは一枚だけにしておこう。

彼のスポンサーは、Water Surfboard ,

Basil Wet suits ,  THREE DOT clothing

 

 

Takumi Nakamura He almost made it…

仲村拓久未。バックサイドでドライブしながら

この後チューブに入っていたのだが、

波がかなり早過ぎた。。後もう少しの所で

出て来れたので相当悔しかったと思うが、

この後天気も波も良くなり、彼の本領が

発揮される事となった。

 

 

Takahide Mayaguchi 

超スタイルマスターとも言える、

リラックススタイルでボトムターン

をしてそのままハイスピードで

長い長いチューブを走り続けた。

最後のインパクトは半端ない。

 

時はさかのぼり、今から9年前に

四国の海部自動車学校で知り合い、

彼は当時19歳位、俺はアホな事情で

免許を再取得している時に知り合い、

その時に『ええ波乗りの写真を撮るで!!』

と、約束したのだった。。

この一連の写真や、他の写真をこの日に

撮影出来て、俺は彼との長年の約束を

果たせた!と思った瞬間でもあった。

 

Takahide Mayaguchi

上にアップした写真の直ぐ後に、

もう一本深いディープチューブをメイクした

間屋口峻英。ねじ込んでプルインして長い

チューブをハイスピードで駆け抜けているのを

俺はシャッターを押しながら、超テンションが

上がった!!ちょうどこの日の一週間前に、

近藤義忠と一緒に行ったもう一つの日本海弾丸ツアー

の撮影の旅で、彼と超久し振りに再会した訳だが、

不思議な繋がりも発見して熱い気持ちが益々

込み上げてきたのだった。それは、

韻踏合組合の遊戲とも彼も俺も偶然繋がっていた。

遊戲は THREE DOT clothingをやっており、

間屋口峻英にも古くからスポンサーしてる。

遊戲くんたちがやっているInstagramはこちらから。

本日のベストライドはみんな凄かったが、

間違いなく間屋口峻英だろう!!!

 

 

Kaito Ohashi

バックハンドでグラブレールをして

チューブを狙う大橋海人。

 

 

 

プロサーファー達とプロボディボーダー達

とのセッションは波も大当たりで、やっと

ええ写真が撮れた!って言う日になった。

 

 

 

 

 

 

 

Takumi Nakamura

フルスピードで波を駆け抜けて行く、

仲村拓久未。

 

 

 

 

Kaito Hamamura 

浜村海斗は伊勢出身のトップアマチュア。

もう少しでプロになると思う。

 

 

Naomi Kobayashi

小林直海が魅せた当て込みは

本当にスタイリッシュだった。

 

 

Kaito Ohashi

大橋海人も良いチューブをメイクして、

フィニッシュも綺麗に決めた。

 

 

 

 

Kaito Hamamura Oh my god..

濱村海斗。OMG…

 

 

 

Naomi Kobayashi

小林直海もええ波のロングチューブを

抜けて来て綺麗に決めていた。

 

 

Takumi Nakamura

仲村拓久未もやっと、本来の調子を取り戻し、

ロングチューブを抜けて来て本人も満足そうだった。

寒い冷たい水温でもブーツが嫌いだそうで、

ノーブーツで手足が真っ赤になっていたが、

さすがプロだなぁ!と思った。

 

 

Takahide Mayaguchi

天気が晴れてからもロングチューブを

メイクしていた間屋口峻英。

 

 

 

ここはどこや?OTW?って言う錯覚にも

思えた、完璧な波の1日となった。

ウエットスーツを着ていなかったら、

ハワイのオフザウォールみたいな波だった。

 

 

 

Takumi Nakamura

仲村拓久未は、本当に素晴らしい

ラィディングを魅せてくれた。

彼が爆発すると凄いのだ!!!

 

 

 

 

Naomi Kobayashi

今回初めて彼を撮影したが、本当にカッコええ

サーファーだなと思った。小林直海。

 

 

 

Takumi Nakamura

大爆発した仲村拓久未。

 

 

 

 

 

 

レインボーになっている波。

 

 

 

Kazunori Honne

超久し振りに再会出来たローカルサーファー

本音くん、ホンマにありがとうでした!!

次回は泊まりで行きます!!!

笑。

 

 

最高の波に出会えた0泊3日の旅も

やっと終わった!!!

 

プロボディボーダー、プロサーファー、

ローカルの皆様、

本当にありがとうございました!!

 

See you next swell and Have a Happy Holiday’s

🎄& 🎍